2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

はっはっはさんのBLOG

  • はっはっはのブログ
    友人 はっはっはさんのアメリカ発BLOG。英語と日本語で書かれてるので、色んな意味で勉強になります。

phoenixさんのblog

井上和憲 ゆったり整体院フィール

もれ778さんのBLOG

創作工房どい

  • 創作工房どい
    先輩 DoiさんのPage。グラスアート・サンドブラスト工房。独創的な表札製作や記念日のグラスアート。贈り物にいかが?

amazon

« 野菜たっぷり | トップページ | INTERNETという場を使って…めっちゃ私信ですが… »

2014年9月14日 (日曜日)

「加藤牛肉店」の「山形牛 手ほぐしコンビーフ」

「満天☆青空レストラン」で

紹介された逸品。

放送は、2014年8月23日。

名人は、加藤牛肉店の加藤敦さん。
作っているのは、山形牛を使ったコンビーフです。

 

加藤さんは、肉をとことん研究し知り尽くした肉のスペシャリスト。加藤さんが作るコンビーフは、全国に多くのファンを持ち、究極のコンビーフと称されています。その名も「山形牛手ほぐしコンビーフ」。

 

山形牛手ほぐしコンビーフの作り方
使うのは、山形牛の肩肉。まずは余分な脂身や筋を切り落として成形します。そしてドイツ産の岩塩をまぶし、およそ1週間~10日間かけて塩漬けにします。
これを1回水で洗って、寸胴鍋でおよそ8時間、丹念にアクを取りお湯をつぎ足し煮込むと、肉がホロホロになります。
これを肉が熱いうちに手でほぐしていきます。
1本1本、肉の繊維をほぐしながら残っている脂や筋を丁寧に取り除きます。機械ではできないこの作業が極上のコンビーフを生み出します。
これに、沸いている肉を煮たスープを上からかけて、さらに脂を抜いていきます。

この山形牛のダシが出たスープで、秘伝のスパイスを溶き、肉に味と香りをつけます。そして、塩と香辛料の調整をかけていきます。これは毎回つまんで自分の舌で味を確認します。
あとは容器に詰め、再びボイルします。肉に味を入れるため一晩冷却すれば完成です。

↑番組紹介より。

 

この番組観た直後に

加藤牛肉店のHP

確認するも、

アクセス殺到で

開かず。

やっと開いたと思ったら

売り切れ。

 

番組のHP から

なんとか注文…

するも、

発送に時間が掛かります。

との事。

 

そして、今日…

 

Img_0339_nxpowerlite_copy

Img_0342_nxpowerlite_copy

Img_0341_nxpowerlite_copy

 

届いた~っ!

食べるのがとっても楽しみ♫

 
 

« 野菜たっぷり | トップページ | INTERNETという場を使って…めっちゃ私信ですが… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569554/60315169

この記事へのトラックバック一覧です: 「加藤牛肉店」の「山形牛 手ほぐしコンビーフ」:

« 野菜たっぷり | トップページ | INTERNETという場を使って…めっちゃ私信ですが… »

SFJの楽画嬉帖

  • Rie-san
    SFJの描いた楽書きを載せてます。 どうか見てやって…いや、やっぱり恥ずかしいから見ないでっ。。。。 (*ノωノ)

愛犬紹介2011

  • 201107011_nxpowerlite_copy
    短いギガ期のまめきちです。

愛犬紹介2012

  • 201288
    2012年のまめきち1歳期

最近のトラックバック