2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

はっはっはさんのBLOG

  • はっはっはのブログ
    友人 はっはっはさんのアメリカ発BLOG。英語と日本語で書かれてるので、色んな意味で勉強になります。

phoenixさんのblog

井上和憲 ゆったり整体院フィール

もれ778さんのBLOG

創作工房どい

  • 創作工房どい
    先輩 DoiさんのPage。グラスアート・サンドブラスト工房。独創的な表札製作や記念日のグラスアート。贈り物にいかが?

amazon

« 日本酒で飲み会 | トップページ | 相変わらずの人気 »

2016年7月30日 (土曜日)

どようのうしのひ

今日は土曜の牛の日!ですね?
(色々間違い

 

正しくは、土用の丑の日。ですね。

 

『土用』とは。

四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の期間のことですが、『土用丑の日』にあたる土用は、立秋(8月6日or7日or8日)の18日前の期間なんだそうです。

 

『丑の日』とは。

十二支の丑(うし)のこと。この十二支は、『今年の干支』というように、年を数えるときに使われるだけでなく、方角や、月、そして日にちを数えるのにも使われるのです。

 

土用丑の日とはつまり、約18日間の『土用』の期間のうち、12日周期で割り当てられている十二支が『丑の日』の日が、『土用丑の日』なのです。

 

そもそも、何で土用の丑の日は鰻なんでしょう?

 

時を遡ること江戸時代。うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、魚屋が平賀源内に相談した事がはじまりとされています。この時源内は、「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」という発案をし、うなぎ屋は大繁盛になったとか。

 

ちなみに、これがヒットした背景に、当時は、「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習があったそうです。

 

これを他のうなぎ屋もこぞって真似するようになり、次第に「土用丑の日はうなぎの日」という風習が定着したとされています。

 

香川県出身の源内の案ということなれば、乗らねば!

 

…という訳で、今夜は自宅で鰻です。

ちょっと奮発して…

一色鰻です。

Img_3459_nxpowerlite_copy

ウマー😋

これで、精が付くわぃ。

これで、この夏も乗り切れ…おっと?

鼻血が…(オイオイ

 
 

« 日本酒で飲み会 | トップページ | 相変わらずの人気 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569554/63994518

この記事へのトラックバック一覧です: どようのうしのひ:

« 日本酒で飲み会 | トップページ | 相変わらずの人気 »

SFJの楽画嬉帖

  • Mamekichi改良
    SFJの描いた楽書きを載せてます。 どうか見てやって…いや、やっぱり恥ずかしいから見ないでっ。。。。 (*ノωノ)

愛犬紹介2011

  • 201107011_nxpowerlite_copy
    短いギガ期のまめきちです。

愛犬紹介2012

  • 201288
    2012年のまめきち1歳期

最近のトラックバック