2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

はっはっはさんのBLOG

  • はっはっはのブログ
    友人 はっはっはさんのアメリカ発BLOG。英語と日本語で書かれてるので、色んな意味で勉強になります。

phoenixさんのblog

井上和憲 ゆったり整体院フィール

もれ778さんのBLOG

創作工房どい

  • 創作工房どい
    先輩 DoiさんのPage。グラスアート・サンドブラスト工房。独創的な表札製作や記念日のグラスアート。贈り物にいかが?

amazon

« ホコ天UTAZU | トップページ | 今日の晩餐 »

2017年4月30日 (日曜日)

納経帳のお話

四国八十八ヵ所巡礼では、各お寺の『納経所』というところで各お寺の『御朱印』を受ける事ができます。

最近『御朱印帳』というものが流行ってるそうですが、四国遍路で使われるものは『御朱印帳』ではなく『納経帳』と呼ばれます。

四十五代、聖武天皇は深く仏教を尊敬され、王城鎮護、万民豊楽のため、各国に国分寺を建てられました。

昔は六十六ヶ国の各寺院を巡拝し、此処へ一部づつ、写経(書写した経巻)を納めたもので、これを六十六部の奉納経と称しました。

写経の功徳は信仰の中でも最大のものと尊ばれ、香を薫じて、心静かに経文を浄写して、信じる仏さまに奉納すれば、仏さまの方も哀愍納受されたとして、寺院よりその証、「宝印」を授けられたものと伝わります。これがそもそも納経の始めで、集め綴ったものが「納経帳」なのです。

今では、ゆとりがなく、多忙の生活の中にあり、写経を納めることは極く一部の篤信者に限られてきました。それでも、心を込めて仏さまを礼拝し、たとえ心経一巻でも読誦した方には、写経を納めたものと同様とし、宝印を授けるようになりました。

この宝印を受けるということは、各寺院のご本尊さまの御分身をいただくと同じ意味で、これを生涯護持し、「朱」で染まる程に幾度も巡拝されれば、さらにその功徳は積まれ、諸仏諸菩薩のご利益に預かり、始めも知らぬ罪障はたちどころに消滅し、仏教不思議の妙護によって諸願成就は疑いなしと伝わります。

また、先に旅立たれた方の棺の中に納経帳を納め、閻魔王の通行手形として極楽往生の冥福を祈る風習もあります。

納経帳やご朱印帳はご自身のお守りとして大切にご奉持下さい。

  
 

四国八十八ヵ所巡礼の『納経帳』は、棺の中に入れる事で『閻魔王の通行手形』になるんだそうです。

 

へぇ~。

これは家族分必要ですね。

既に一冊コンプリート済み。

 

そして先日結願したんで…

高野山に行くともう一冊。

 

俺のと…

彼女のと…

まめきちのと…

 

 Σ(゚Д゚)

 

もう一冊足りんやーん!

 

そんなわけで…

18193677_873561399449897_8272935603  

 

もう一冊新調。

さて… いつから始めますかね。

 

« ホコ天UTAZU | トップページ | 今日の晩餐 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569554/65231218

この記事へのトラックバック一覧です: 納経帳のお話:

« ホコ天UTAZU | トップページ | 今日の晩餐 »

SFJの楽画嬉帖

  • Rie-san
    SFJの描いた楽書きを載せてます。 どうか見てやって…いや、やっぱり恥ずかしいから見ないでっ。。。。 (*ノωノ)

愛犬紹介2011

  • 201107011_nxpowerlite_copy
    短いギガ期のまめきちです。

愛犬紹介2012

  • 201288
    2012年のまめきち1歳期

最近のトラックバック